2022年9月25日日曜日

2022年度 関東新人大会 (演武)

失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の棟高佑です。

911日に行われました関東新人大会について報告させていただきます。

結果は以下の通りです。

 

【男女有段(3,4年生の部)】

田川先輩(政3)・佐藤生先輩(文3)入賞(5)

多家先輩(看3)・小林先輩(薬3)入賞(6位)

【男子茶帯(1,2年生の部)】

林先輩(理3)・山崎先輩(経3)入賞(3位)

【男女茶帯(1.2年生の部)】

鈴木先輩(経2)・和田先輩(政2)入賞(5位)

【男女白帯緑帯(1.2年生の部)】

湊(法1)・棟高(理1)入賞(6位)

以上となります。

 

私は今回初めての組演武で、大会までは暗中模索の状態が続きました。「間合い」や「テンポ」「タイミング」といった今までになかった要素に混乱し、なによりも片方が動きを良くするのではなく「ペアとして」上達することの難しさを感じていました。あまりペアらしい意見交換もできず悩んでいたところ、同学年のあるペアのやりとりから転機が訪れました。

彼らは「どういう動きなら武的要素を高められるのか」「どうしたら相手の攻撃を魅せられるか」という演武の本質的なところから試行錯誤を重ねていました。普段の練習や演武でその意識を取り入れて見たところ、今までは先輩がくださったアドバイスを本質的に理解して動きに落とし込むことが徐々にできるようになっていきました。少林寺拳法が楽しくなってきた瞬間でした。

しかしコロナ禍の中、慶応義塾の少林寺拳法部の中では陽性者が続出しました。そのため大会直前に練習もままならないペア、大会に出場できなくなったペア、練習時間が大幅に削られたペアなどが多かったように感じます。私のペアもコロナの余波で大会当日まで出場できないなどと痛手を被りました。

少ない練習時間の中でも全力で練習し、後輩の面倒見も欠かさない先輩方からは勇気を頂きました。

大会当日、記念館ホールの中は今まで動画の中でしか見てこなかったような早稲田、明治、日本体育大学など全国でもしのぎを削るであろう大学でひしめき合っていました。

慶應の拳士が演武を終えて自陣に戻って来た時に「頑張ったね」「良かったよ」などと温かく迎えてくださる様子を見て、慶應のチームとしての強さを感じました。また、自分もこのように仲間を迎えられるチームメンバーでありたいと強く思いました。

私自身の結果と致しましては、入賞6位でした。通したときはそこまで悪くない演武だったとは思ったのですが、漠然と上手く見える演武と本当に技術点の高い演武との差を実感する結果でした。思うような結果ではありませんでしたが、全日までの課題がはっきりとしてきたことに前進している感覚を感じました。また全日本で戦うライバルを目の当たりにしたことで、これまで以上に強い闘争心が芽生えてきた気がします。

 

さて、新人大会が終わり、11月初頭の全日本学生大会まで残りわずかとなってまいりました。私は演武を進化させていくことを楽しみながら、今まで以上に勝つ思いを持ち全日本に望んでいこうと思います。

最後になりましたが、コロナで大変な最中、面倒を見てくださった先生方、先輩方、OBの方々そして大会を開催してくださった関係者の皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

 

以上で活動報告を終わらせていただきます。

失礼致しました。

 

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 棟

2022年8月26日金曜日

2022年度 通い合宿

失礼致します。
慶應義塾腿育會少林寺拳法部1年の堀田涼平です。
8月18日に行われました通い合宿について報告させて頂きます。

本来1週間行われるはずであった山中湖での合宿がコロナ拡大の影響で中止になりました。そのため、今年度は日吉で通い合宿という形で開催されました。私は、入部してから数日しか経っていないので改めてこの通い合宿を通して心を入れ替えるきっかけになりました。

最初に、1〜3年生が整列をした数分後に4年生の先輩達が登場しました。そして、部のスローガンを全員で声を出すことになった時に声が小さかったり覚えてないなどで開始早々罰ゲームとしてミットの上を跳ぶ「サイドジャンプ」を120回行いました。開始早々の罰ゲームに驚きながらも全員で励まし合いながらなんとか乗り越えていくとができました。

その後は様々な種類の手押し車を行いました。その中でも一番難しかったメニューは拳立てをしながら手押し車で動いていくというものです。私は、人生で拳立てを一度もしたことがなくメニューを聞いたときにはできるか不安になりました。実際、その場で拳立ての状態で体の体勢を維持することすら難しいのでその状態で進むことは到底今の自分の実力では不可能でした。しかし、先輩方が腰を持ち上げるてくれたり、体を前に押してくれるなどのサポートをしてくださり時間はかかりながらも最後まで頑張り抜くことができました。改めて、先輩のサポートに感謝の念で埋め尽くされると共に先輩の背中が頼もしく眩しかったです。

そして、12時30分の昼休憩までは腹筋を使うメニューや下半身を使うメニューをするのに先輩が作ったサイコロによって休憩をもらえるかトレーニング時間が増加するかを決定しました。サイコロの結果に一喜一憂しながらも午前を乗り越えることができました。

午後の部の最初の方は雑巾がけレースで最下位になった人が罰ゲームを行なったり、3分間引っかからずに縄跳びをするなどをしました。

そして、今回1番の鬼門であったランメニューが行われました。1周するのに時間制限を設けて校舎の周りを5周走る長距離走やシャトルランが行われました。私は、長距離に関しては筋トレメニューよりも自信があったために体力の配分を考えずに走りました。その結果、約1年ぶりのランニングということもあり熱中症になったために途中でリタイアしてしまいました。自分の不甲斐なさに落胆したのと同時にメニューを完遂することができなかった悔しさで埋め尽くされました。

最後のメニューでは左右に跳び、腰を落とすためにしゃがむという動作を210回行いました。ここまでの練習の疲れもあるので皆声が小さかったり、数え間違いたり、腰をしっかり落としていないなどで4年生の先輩から何度もやり直しをさせられました。しかし、全員で励まし合いながらこのメニューを完遂させることができました。終わった瞬間、それぞれの人が「お疲れ様。」と声を掛け合い抱き合っている姿を見て改めてやり遂げることができたと実感しました。

今回の通い合宿を通して改めて少林寺拳法で賞を取るためにやり抜く覚悟を確固たるものにすることができました。また、先輩の励ましやサポートがなければ乗り切ることができなかったと思います。だから、先輩方を目標としてこれからの練習に臨んでいくと同時に自分に後輩ができたときに先輩が自分にしてくれたことをできるような先輩になれるように精進していきたいと思います。

最後になりますが、コロナ禍にもかかわらずこのような機会を設けてくださった4年生の先輩方、励ましてくれた3,2年生の先輩方に心より感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼致しました。

慶應義腿育會少林寺拳法部1年 堀田涼平









2022年7月7日木曜日

2022年度 神奈川県大会

 失礼致します。 

慶應義塾腿育會少林寺拳法部1年の秋山晃紀です。 

7月3日に横浜武道館にて行われました神奈川県大会について報告させて頂きます。 

結果は以下の通りです。

 

大学生男子の部 

山内先輩(4)青木先輩(理3)最優秀賞(1位) 

多家先輩(3)和田先輩(2)…優秀賞(2) 

大学生女子の部 

高鹿先輩(文4)田川先輩(政3)…優秀賞(2) 

高澤先輩(文4)・鈴木花(看1)…優良賞(3) 

女子単演の部 

岡田希先輩(政4)…最優秀賞(1) 


以上となります。 


コロナ禍の影響で、本年度の県大会も前年に引き続き、声援が禁止された静かな会場の中で行われることとなりましたが、コロナ禍が緩和状態になりつつある状況下であったため人数制限などはございませんでした。私は少林寺拳法初心者として入部し、少林寺拳法の大会に出場するのは初めての経験でした。私は空手経験者で空手の大会に出たことはあるため、大会がどのように行われるのかというのはある程度把握できていましたが、やはり声援の聞こえない会場での演武は会場にいる多くの人からの視線が敏感に感じられ、とても緊張しました。

またコロナ禍の影響で、演武中はマスク着用が義務付けられていました。練習では普段からマスクを着用して演武の通しを行っており、大会ではマスクを外すことができると聞いていたので、私は息がしやすくなりいつも以上の演武ができるだろうと意気込み、大会前日の演武通しの際には私は初めてマスクを外して演武を行い自分で納得のいく演舞ができました。しかし、その日の練習後に演武時のマスク着用の義務の旨が伝えられ、私は肩を落としました。大会当日マスク着用の件で気を落とすことがないように私は自分の心の中で、誰もが同じ条件なのだと言い聞かせ、切り替えて会場に向かいました。私は男子単独演舞の部に出場しましたが、エントリー人数が多く午前から予選が行われました。部門ごとに始まる前に整列して並んでいる時に、私が緊張して待っていると観客席からの名前を呼ぶ声が聞こえ、その方向を見ると、同期・先輩方を含めた部の皆さんが手を振ってくれており、元気を貰えただけでなく緊張も少し収まりました。その後、私の演舞の番が来て、演舞を行いました。その演舞結果は予選落ちとなってしまい、私は今回の大会で結果を出すことは叶いませんでしたが、整列して待っている際に手を振って貰えた時、これまでにないほど部の皆さんとの繋がりを私ながら感じました。今回の大会は、私にとって、このような部としての繋がりを感じる経験を積み重ねていくことに意味があるのだと気づかされた貴重な経験となる大会でした。

私は演舞が午前で終わってしまったので、午後は部の皆さんの応援、演舞の撮影に尽力致しました。入賞した方々だけでなく、出場した部員全員が自信をもって高度な演舞をしている姿は練習にひたむきに打ち込んだ努力をありありと感じさせるものでした。

さて、県大会後、部全体として8月から夏休み練習が始まり、9月には新たな演舞の構成やペアで迎えることとなる関東学生大会控えております。私はこれからも心身ともに成長できるよう精進し続け、大会で入賞し結果を残せるようこれまで以上に修練に励んでゆく所存です。 


最後になりますが、コロナ禍や猛暑で大変な最中、日頃より御指導下さった篠永監督や渡辺先生をはじめとした先生方、先輩方、関係者の皆様に、この場をお借りして感謝申し上げます。


以上で活動報告を終わらせていただきます。

失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 秋山晃紀 

2022年6月6日月曜日

2022年度 早慶合同練習会

失礼致します。

慶應義塾腿育會少林寺拳法部1年の細井柚季です。

5月29日に行われました早慶合同練習会について報告させて頂きます。


本年度は日吉で早慶合同練習会が開催されました。

普段練習を行っている馴染みのある場所であるのに、当日はいつもと全く異なる雰囲気が漂っていました。合同練習会の1週間ほど前から特別なトレーニングメニューが組まれていましたので、覚悟して朝を迎えたつもりでしたが、その想像を遥かに上回る試練が待ち受けておりました。


まずは着替えを済ませて整列すると、これまでの人生の中で出したことのないほどの声量で「ファイトー!」と叫び続け、サングラスをかけて登場した4年の先輩方に気合を見せました。最高気温31度、2022年初めての真夏日という中、午前中最初に行われたのはクロスカントリー。塾高の前を通り過ぎて階段を駆け下り、テニスコート奥の民家を周り、再度階段を駆け上るコースを時間制限付きで数周走るメニューです。特に階段を上る際は全身に負荷が大きくかかり、1本目のメニューながら1日の体力が全て奪われました。途中で私は脈がとんで苦しくなった為、一旦道場で休ませて頂きましたが、周りに遅れて走っていると既にゴールした先輩方が戻ってきて一緒に完走してくださいました。私は自分のことに精一杯で周りのことを考える余裕がありませんでした。しかし、同じハードな練習をした上で、さらに応援までしてくださる姿勢を見て、感銘を受けました。私も基礎体力を向上し、来年は同じように後輩をサポートできる先輩になりたいと強く思いました。


罰ゲームとしてアスファルト上で拳立てやバービー、スクワットなどを行なった後、道場に戻り新入生が自己紹介を行いました。声が小さかったり、噛んだりしまったりして、何度もやり直しさせられている同期もいました。そして、ランメニューがついに終わりホッとしていた私ですが、4年の先輩から外に出てランメニューを再開すると告げられた時は崩れ落ちました。塾高の周りを走る「インターバル」、銀杏並木の坂を走る「坂道ダッシュ」を行いました。不整脈と若干の熱中症で身体は限界を迎えていましたが、弱い自分を押し殺し、足を一歩でも前に出そうと踏ん張りました。陸上部に入部したのだったっけ、と何度も思いました。


1時間のお昼休憩中は、事務連絡以外の会話をほとんどせず、床に寝転がって休息している部員が大量発生しておりました。私も軽食を取り、静かに午後の練習に向けて備えました。


午後の最初はその場基本でした。振り子突き、蹴り上げなどを200本 × nセット行いました。気合の声が小さかったり、全力を尽くしていないと判断されると何度でもやり直しを命じられました。体力は限界を超え、もはや気合いで乗り切る以外に術はないため、どの部員よりも大きな声を出すことを心がけておりました。その後はミットの上を跳ぶ「サイドジャンプ」を数十往復、チーム対抗の「馬跳びリレー」を何往復もしました。メニュー合間に3年の先輩方中心にやってくださる「気合」だけが頼りでした。


その後は膝と肘をくっつける「バイシクルクランチ」、上体起こし、身体をV字に折り曲げる「ジャックナイフ」、そのほか腹筋を鍛える筋トレをいくつか行い、早慶合同練習会は終盤に近づいて参りました。最後のメニューは「たじぴょこジャンプ」。3年以下全員で輪になって手を繋ぎ、しゃがんだ状態で左右にジャンプするものです。4年の先輩は円の内側に入ってビデオカメラを向けて「最後まで笑顔で!」と仰るのですが、回数を重ねるにつれてのし掛かる負担は大きかったです。他のメニューと同様、何度もやり直しさせられた後、ついに早慶合同練習会のトレーニングが終了致しました。


終わりの合掌をした時には、気付いたら涙がこぼれ落ちておりました。やっと練習を終えたのだという安堵、思うように身体が動かなかった悔しさ、重い鎖が外れたような解放感...。色々な感情がその涙に詰まっていました。誰にも見られないように泣いていましたが、私のことをずっと近くで支えてくださった田川先輩が号泣している姿を見て、また泣いてしまいそうでした。


その後着替えを済ませて整列すると、先輩方がドーナツやハーゲンダッツ、ドリンクをくださいました。一発芸の披露、表彰式、早稲田大学との懇親会も行われました。大変なことばかりでしたが、結局は何だかんだ楽しかったように思います。


早稲田大学を含め、他大学と交流するのは私にとって初めての機会であり、多くの刺激を得ることができました。改めて振り返ってみると、今回はほぼ少林寺拳法をしませんでしたが、ライバルである早稲田と汗を流し、お互いに限界の壁を越える挑戦ができました。今後の練習でも、毎日少しでも成長するために部の活動に励んでいきたいと思います。


最後になりますが、コロナ禍にもかかわらずこのような成長の機会を与えてくださった皆様に感謝しております。弱音を吐いてしまいそうな私を奮い立たせてくださった4年生の先輩方、心が折れそうな時に何度も笑顔で支えてくださった3, 2年生の先輩方、練習会に参加してくださった早稲田大学少林寺拳法部の皆様に心より感謝申し上げます。


以上で報告を終わらせて頂きます。失礼致しました。


慶應義塾腿育會少林寺拳法部1年 細井柚季


2022年5月13日金曜日

2022年度 関東学生大会

 失礼致します。

 

慶應義塾體育會少林寺拳法部3年の田川千鶴です。54()に開催された第59回関東学生大会についてご報告させて頂きます。

 

【総合成績】

・男子総合 2位 

・全体総合 3位 

【演武】

・単独白緑の部 2位 山崎(3)

・男子茶帯の部 1位 青木(3)・吉井(2)

        5位 林(3)・和田(2)

・男女初段の部 2位 岡田毬(3)・佐藤玲(2)

・女子二段の部 2位 高澤(4)・吉野(3)

【立合評価法】

・女子中量級の部 1位 田川(3)

         3位 高澤(4)

・男子軽量級の部 1位 佐藤生(3)

・男子中量級の部 2位 山内(4)

【立合評価法団体】

・女子 1位 

・男子 2位 

 

3年ぶりの開催となった本大会は、高鹿主将率いる新チームとして挑んだ初の公式大会でした。昨年の全日本総合3位・早慶戦二連覇という追い風に乗って、演武と立合評価法の複数部門で入賞し、総合成績も獲得できたことを心より嬉しく思います。その一方で、特に演武において他大学との実力の差を感じると共に、総合3位という結果が出せたのも要素が強かった、というのが部員の共通認識であります。そこで、僭越ではございますが本大会で得た以下二点の学びについて述べさせて頂きます。

一つ目は、演武における有段者の技術向上の重要性です。初心者から競技を始める部員が多い我が部において、級拳士を育成・入賞させることは総合優勝に不可欠です。昨年の全日本でも、級拳士の活躍が大学総合3位という輝かしい結果をもたらしました。ですが、現状としてその事実だけが独り歩きしすぎており、新歓活動や級拳士の育成に大きな焦点が当てられた結果、私を含めそれらを主導している有段者自身が、自らの技術向上に貪欲になり切れていないという問題に直面していると感じます。本大会は、そのような我々の課題を浮き彫りにしました。当然のことながら、級拳士よりも有段者の方が技術的に高度なことが要求されるため、有段者の方がその分練習量が必要になることは明白です。したがって、階級、学年、出場部門に関係なく、改めて部員全員が一拳士としての自覚を持ち直し、日々の練習に真摯に取り組んでいかなければならないことを痛感致しました。

二つ目は、立合評価法を究める必要性です。コロナ禍で学生大会における立合評価法の開催が見送られてきた中、本大会では予選会から他大学を圧倒し、女子は初の団体優勝に輝くなど、早慶戦に向けて立合の修練を積み重ねてきた我々の実力は確かなものである、と確信できました。そして、慶應が他大の強豪を負かすには立合でも勝ち抜く必要がある、ということが本大会では露骨に現れておりました。来年以降も関東大会団体制覇、全日本総合優勝、早慶戦連覇を狙うために、立合評価法で結果を残すことは必要不可欠です。歴代の先輩方の功績に続き、昔から立合が強みである我々がそれを活かさない手はございません。しかしながら、立合に対する向上心にはまだまだ部員間で温度差があり、その必要性や面白さ、そして何よりも、実は慶應は一人ひとりのレベルが他大よりも高い、という点に気づいていないという現状がございます。机上の空論ではなく、経験がものを言う立合評価法において、練習試合や立合講習会への参加、そして大会に積極的にエントリーするなど、今後は部員一人ひとりが着実に立合の経験を積んでいく必要があると強く感じました。

 

最後になりましたが、日頃よりご指導頂いております監督、コーチ、関係各位の皆さま、ご支援頂いておりますOBOGの皆さま、そして大会開催にご尽力頂きました関係者の皆さまに、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

長くなりましたが、以上で活動報告を締めさせて頂きます。

失礼致しました。

 

慶應義塾體育會少林寺拳法部3年 田川千鶴

2021年12月27日月曜日

2021年度 体育会優秀選手塾長招待会

失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部4年の諸江優です。

12月16日に行われました2021年度体育会優秀選手塾長招待会についてご報告させて頂きます。


昨年に引き続き、本年度もシェラトン都ホテル東京で対面形式にて開催されました。

本年度は全日本学生大会3位・早慶戦優勝の実績により、部員全員で参加することが出来ました。本年度の招待メンバーは以下の通りです。


[4年]

多田

並木

千田

諸江


[3年]

高鹿

山内

西山

岡田

高澤

木村


[2年]

佐藤生一

佐藤玲伊

岡田

庄司

多家

吉野

田川

木下

青木

小林

渡戸


[1年]

和田

田村

鈴木

吉井

金鶴

山崎

大原


創部史上初めて全部員をご招待頂くことが出来、光栄でした。来年以降も参加出来ます様、部員一同精進致します。


最後になりますが、日頃からご支援頂いている先生方、先輩方、当日ご出席頂いた伊藤先輩・篠永監督・烏谷先生に心より感謝申し上げます。



以上で活動報告を終わらせて頂きます。

失礼致しました。



慶應義塾體育會少林寺拳法部4年 諸江優

2021年12月13日月曜日

2021年度 幹部交代式

失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部3年の高鹿綾華です。

1210日に行われました2021年度幹部交代式についてご報告させて頂きます。

 

本年度も昨年に引き続き感染拡大防止の為にZoomアプリを用いて、オンラインで開催されました。

63期幹部のご紹介をさせて頂きます。

 

【主将】       高鹿 綾華(文3

【副将・三田会幹事】 山内 嶺央(経3

【主務】       岡田 希美(政3

【会計・渉外】    高澤 理沙(文3

【統制】       西山 航生(文3

【医務】       木村 隆一朗(法3

【副務】       木下 新大(経2

【会計監査】     吉野 果林(理2

 

以上の新体制で、1年間部を率いて参ります。

何卒宜しくお願い致します。

 

本年度のスローガン・運営方針はこちらで御座います。

 

スローガン

『強くあれ』

 

運営方針

『個性と勝利の分かち合い』

 

本年度の目標は、『全日本学生大会総合優勝並びに、早慶戦完全優勝』です。

並大抵のことではございませんが、今のチームなら達成できると考えます。


部員のバックグラウンドは様々で、一人ひとりの強みも異なります。それを尊重し合い、高めあい、活かすことで、最強のチームを創ります。

そして、チームの絆も強く持って参ります。熱い気持ちで食らいついてくれる後輩、共に走り、頼れる同期、日頃技術面でもその他の面でもお世話になっております篠永監督、丁寧にご指導くださる先輩方、この部に関わる全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、チーム一丸となり、全員で勝利を目指します。

私は圧倒的求心力で部を引っ張ることはできませんが、誰一人として取りこぼさない部を目指し、頼れる部員たち全員が強みを発揮できる環境を創ります。

 

私は歴代初、女性で主将を務めさせて頂きます。身に余る思いでおりますが、先輩方が築き上げてくださった歴史を受け継ぎ、諸江先輩はじめ62期の先輩方が苦労の中遺してくださったもの・想いを胸に、新たな歴史を刻んで参ります。

今後とも、諸先輩方のお力をお借りしたく存じます。宜しくお願い致します。

 

最後になりますが、当日ご出席頂いた烏谷先生やOBOGの諸先輩方、日頃よりご指導頂いております篠永監督に心より感謝申し上げます。

 

以上で活動報告を終わらせて頂きます。

失礼致しました。

 

慶應義塾體育會少林寺拳法部3年 高鹿綾華