2021年7月20日火曜日

2021年度 神奈川県大会


失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の大原周悟です。
7月11日に横浜武道館にて行われました神奈川県大会について、御報告させていただきます。
結果は以下の通りです。

【女子護身技法の部】
多田先輩(商4)・千田先輩(薬4)…優良賞(3位)

【一般男子初段・二段の部】
東先輩(法4)・大原(商1)…最優秀賞(1位)

以上となります。

コロナ禍の影響で、県大会は、引率者と選手のみの入場許可、プログラムを午前・午後に分けた上での人員入れ替え、といった徹底した人数制限の下開催されました。私は経験者として入部し、大会出場の経験はあったのですが、声援が禁止された静かな会場で行われた競技では道衣の音だけが響き、声援が飛び交い熱気に包まれた今までの大会とはまた異なった緊張感がありました。
さらに大会直前には大幅な種目変更が発表されました。それを受け、3組が県大会に出場し、3組を除く部員全員が、前日の7月10日に開催された学習院大学との合同での演武評価会に参加しました。そのため大会当日は、私の周りに同期や先輩はほとんどおらず、少し心細く感じました。そんな中、一緒に大会に出場した先輩方、応援席で見守って下さった先輩方の存在は大きく、とても心強く、ありがたく思いました。私は平常心を取り戻し、練習通りの力を発揮することができました。
入賞した2組は、10月開催予定の全国大会への出場が決定しました。そして、部全体としては8月から夏休み練習が始まり、9月には新たな組で迎える関東学生大会を控えております。私はこれからも心身のさらなる成長、そして大会での上位入賞を目指し、より一層精進していく所存です。

最後になりますが、日頃より御指導下さった篠永監督をはじめとした先生方、先輩方、関係者の皆様に、この場をお借りして感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせていただきます。
失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 大原周悟

2021年7月4日日曜日

2021年度 新入生歓迎式

失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の和田亮士朗です。6月23日(水)に行われた新入生歓迎式についてご報告させていただきます。


新入生歓迎式には伊藤会長と篠永監督、そしてOBの方々がお忙しい中、また昨今の大変な状況の中、ご参加いただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。


本年度は、昨年に引き続き、新型コロナウイルスの状況を踏まえ、Zoomでの開催となりました。式の流れといたしましては、最初にOBの方々の自己紹介と篠永監督からお言葉をいただいた後、新入生が自己紹介を行い、最後に伊藤会長からお言葉をいただきました。


篠永監督からは、大学の4年間で少林寺拳法をやり遂げることの意義や同期を大切にすることについてお話いただきました。結果を残すことに執着するのではなく、4年間を通して一つのことを全うしたということに意味があるという言葉に深く感銘し、私も4年間頑張っていくことを決意しました。そして、何かのご縁でこの少林寺拳法部で一緒になれた65期の仲間達と日々の修練で共に切磋琢磨し、卒業後もこの仲間と過ごせた時間がかけがえのないものであったと思えるよう、実りのある経験にしていきたいと思っております。


最後になりますが、このような大変な状況下でありながらも、オンラインという形式で新入生歓迎式を開催してくださったことに深く感謝申し上げます。新型コロナウイルスの収束の目処が未だ見えておらず、直接先輩方とお会いすることはできませんでしたが、慶應義塾體育會少林寺拳法部の精神と伝統を受け継ぎ、65期一同、日々の修練に邁進していきたいと思います。まだまだ先輩方や監督にご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、今後ともご支援・ご指導のほど何卒宜しくお願い致します。


以上、短いながら、活動報告を終わらせて頂きます。

失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部1年

和田亮士朗

2021年4月28日水曜日

第58回 関東学生大会 立合評価法

失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部2年の吉野果林です。


4月4日に行われました関東学生大会立合評価法についてご報告させていただきます。

立合評価法の結果は以下の通りです。


男子軽量級 【2位】多田(商4)

女子軽量級 【5位】千田(薬4)


以上になります。


昨年度は立合評価法の大会が早慶戦以外行われなかったため久しぶりの大会となりました。私も出場させていただきましたが、2年生にとっては初めての関東学生大会でした。


私自身と致しましては、初めての立合評価法での実践の場でした。結果を残すことはできませんでしたが強く上手な選手と戦うことができいい経験になりました。まだまだ伸びしろしかないと考えていますのでこの経験をもとに次の大会に備えて練習に備えて頑張っていきたいと思います。


今回は新型コロナウイルス感染拡大に伴い関東学生大会の演武、立合評価法はそれぞれ別日で行われました。演武は4月25日に開催予定でしたが緊急事態宣言発令に伴い延期となりました。いつ行われるのかは未定ですが実施し次第演武の方もご報告させていただきます。


最後にこのような状況の中開催にこぎつけてくださった先生方、日頃よりご指導してくださった先生方にこの場を借りて感謝申し上げます。


以上で活動報告を終わらせていただきます。

失礼いたしました。


慶應義塾大学體育會少林寺拳法部二年 吉野果林

2021年1月27日水曜日

2021年 寒稽古

 失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の岡田です。

2021年1月4日に蝮谷道場で行われました寒稽古についてご報告させて頂きます。


本年は例年と異なり、1日だけの稽古となりました。コロナ対策に留意し、マスク着用のもと一定の距離を保ちつつ「若き血」を合唱するところから寒稽古は幕を開けました。


その後外を走り、途中の公園で準備運動を行い、また走って道場に帰って参りました。マスクを着用したまま声を出さずに走り、準備運動の間も殆ど声を出すことはありませんでした。来年こそは思い切り声が出せる状況になっていることを願って止みません。


道場に戻ると、2構成の演武のペアをあみだくじで決め、練習を行いました。段位差がかなりある先輩と組ませて頂く貴重な機会を頂き、とても光栄でした。本年度の寒稽古は1日しか無かった分練習時間が短く、構成を覚えるのが大変でしたが、緑帯の私では大会で使うことのできない技を教えて頂き、非常に新鮮な経験となりました。


また、4年生の先輩方がお菓子や飲み物を差し入れて下さいました。お忙しい中来て頂き、誠にありがとうございました。


先生方、監督並びにOBOGの先輩方には旧年の困難な状況下に於いても熱心なご指導を賜り、厚く御礼申し上げます。本年も何卒宜しくお願い致します。


以上で寒稽古の報告を終わります。

失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 岡田毬花

2020年12月29日火曜日

2020年度 東京地区演武競技会

失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年の庄司です。

12月27日に行われました東京地区演武競技会について報告させていただきます。本大会では基準点を超えたものに優秀賞が与えられました。結果は以下の通りです。(敬称略)


【優秀賞】

単独演武の部 岡田希美(法2)


以上になります。


 本大会には武道学園の方々のご厚意で本年度は特別に参加させて頂き、日本武道館武道学園の一員として臨んだ大会でした。新型コロナウイルスの影響で中止も危惧されましたが、このように大会を開催して頂き、また、参加できたことに感謝申し上げます。

 私自身、初めての演武に取り組み発表する場ということもあり、本大会をとても楽しみにしておりました。早慶戦から3週間という短い期間での練習にはなりましたが、先輩方から沢山のアドバイス等を頂き、自分自身も大いに成長できたのではないかと思います。

 今回学んだことを今後の関東学生大会等にも活かしていきたいと思います。今後もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

  最後になりますが、本大会の開催、参加に御尽力頂いた渡辺先生、武道学園の方々をはじめ、日頃からご指導頂いております篠永監督、先輩方に心より御礼申し上げます。


以上で活動報告を終わらせて頂きます。

失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部一年 庄司

2020年12月26日土曜日

2020年度 体育会優秀選手塾長招待会

失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部3年の諸江優です。

12月17日に行われました2020年度体育会優秀選手塾長招待会についてご報告させて頂きます。


シェラトン都ホテル東京で対面式(オフライン)にて開催されました。コロナ禍ということもあり開催方法が限定されましたが、対面式での開催が叶いました。


12/6(日)の早慶戦優勝により、当部も招待されることと相成りました。本年度の招待メンバーは以下の通りです。


[3年]

多田

並木

千田

諸江


[2年]

西山

山内

岡田


[1年]

多家


この様な状況下でも対面式にて開催出来たのは、塾体育会の皆様のご尽力によるもの

です。誠にありがとうございます。来年も参加出来る様に部員一同精進致します。


最後になりますが、日頃からご支援頂いている先輩方、当日ご出席頂いた篠永監督・大石先生に心より感謝申し上げます。


以上で活動報告を終わらせて頂きます。

失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部3年 諸江優


2020年度 幹部交代式

 失礼致します。

慶應義塾體育會少林寺拳法部3年の諸江優です。

12月10日に行われました2020年度幹部交代式についてご報告させて頂きます。


本年度の幹部交代式は感染拡大防止の為にZoomアプリを用いて、オンラインで開催されました。

第62期幹部のご紹介をさせて頂きます。


【主将】      諸江 優(政3)

【副将・三田会幹事】千田 有希乃(薬3)

【主務】      東 修司(政3)

【会計・統制】   多田 光伯(商3)

【渉外・医務】   並木 秀太(商3)

【副務】      高鹿 綾華(文2)

【会計監査】    高澤 理沙(文2)


以上の新体制で、1年間部を率いて参ります。

何卒宜しくお願い致します。


本年度のスローガン・運営方針はこちらで御座います。


スローガン

・誇り高き部員たれ~互いに学び皆で創る~


運営方針

・OneTeam~活発に意見を交わし、成長できる組織~


62期の理念の根底には「ボトムアップ型の組織」という想いがあります。現状、少林寺拳法の経験者が少なく、キャリアの若い部員が殆どです。今までと同じ戦略では勝てないことを感じております。そこで私達は「全員で考え、PDCAサイクルを回し、勝利に向かう」ことを考えました。61期の先輩方が残してくださった様々な戦略や制度を組み合わせ、更に状況に応じて改良を加えることで、「勝てる」チームを運営して参ります。


最後になりますが、日頃からご支援頂いている先輩方、当日ご出席頂いた大石先生に心より感謝申し上げます。


以上で活動報告を終わらせて頂きます。

失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部3年諸江優