2017年11月27日月曜日

2017年度 全日本学生大会

失礼します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部一年の楠田マリアです。

11月26日に行われた、全日本学生大会についてご報告させていただきます。
結果は以下のようになっております。
女子白帯緑帯の部
楠田(1)・佐藤ひ(1)
4

単独有段の部
友田(1)
3

男子二段の部
川上先輩(2)・田崎先輩(2)
5

団体の部
金野先輩(4)・田中先輩(4)・中村先輩(4)・李先輩(法法4)・西村先輩(3)・蜂屋先輩(法法3)・五十嵐先輩(2)・田崎先輩(2)
3

立合評価法
男子軽量級   金野先輩(4)   1
男子中量級   李先輩(法法4)   2

以上です。

全日本学生大会は、四年生の先輩方が引退される節目の大会でもありました。そのため、部の練習は一段と気合いが入って行われました。
寂しさや不安、期待を胸に各々が目標をもって臨んだ大会当日となりました。
早朝の武道館に、全国から拳士が集まりました。全国ということだけあり参加人数も多かったです。道衣の肩に、各区のシールを貼るところに、全国大会の特別感を実感しました。
武道館の床は人に埋め尽くされていました。アップをするスペースを確保するのも一苦労でした。アップを終えたところで、鎮魂業が行われました。
そして、予選ラウンドが始まりました。先輩方に指導していただいたことや、練習してきたものを、出しきることだけを考えてコートに入っていきました。思い通りの動きができなかった点もありましたが、結果を受け止め、午後に備えました。幸いなことに、部員の多くが、本戦へのきっぷを手にすることができました。あとは、本戦ですべてを出し切るのみです。
午後は、閉会式から始まりました。開会式では、慶應義塾大学のOBでいらっしゃる石原伸晃先輩をはじめとする、方々からお話を伺いました。
本戦は緊張感の漂う中、はじまっていきました。その緊張感を打ち消すかのように、"慶應ファィト"の声が武道館の中で響きます。
部員全員が、慶應のメンバーとして精一杯戦いました。笑っても泣いても、最後の大会。引退される四年生の先輩方の心中を想像するだけで、目頭が熱くなりました。本戦を終えると、結果を待つのみです。
ですが、これで終わりではありません。
1日の最後には、立会い評価法が行われます。慶應義塾大学からは、3名の拳士が出場しました。
立会い評価法は、各大学の戦い方に特徴がありました。慶應の先輩方の動きの素早さには、圧倒されました。今後の練習で、少しでも先輩方に近づけるように頑張っていきたいと改めて思いました。
 長い1日も、残すは閉会式のみとなりました。いよいよ結果発表です。
先輩方もおっしゃっていましたが、結果は、変わることはありません。私達にできるのは、素直にそれを受け止めて前進するのみです。納得がいかない、悔しい思いの反面、終わった安心感と達成感。これらが、入り混じった複雑な気持ちが心に残ったのではないかと思います。私自身も、今後の成長の糧となる非常に貴重な経験をする機会になりました。
また練習の過程そして、大会当日においても。改めて、引退される四年生の先輩方の偉大さが身にしみて感じられました。先輩方に、良い報告をするために、練習により一層努力して、励んで参りたいと思います。

最後になりましたが、この日まで、指導をしてくださった、現役の先輩方、OB.OGの先輩方、日頃よりご指導いただいております麻田監督に心より感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせていただきます。
失礼しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年 楠田マリア




   

0 件のコメント: