2020年7月10日金曜日

2020年度 新入生歓迎式

失礼します。
慶応義塾體育會少林寺拳法部一年の吉野果林です。
7月8日に行われました新入生歓迎式について報告させていただきます。

新入生歓迎式には伊藤会長と篠永監督が、お忙しい中そしてこのような状況の中参加してくださりました。この場を借りて感謝申し上げます。

今年度は、新型コロナウィルス感染拡大に伴いオンラインでの開催となりました。式の流れといたしましては、最初に新入生の自己紹介を行った後、篠永監督と伊藤会長からお言葉をいただきました。

篠永監督からは、当部の方針や大学で四年間部活をやり遂げることの意義などについてお話いただきました。学生主体で活動していくことが方針であり、部員全員がエースであり何かしらのエキスパートになることを意識して活動するように、とおっしゃっていました。4年間自ら様々なことに挑戦し修練に励むことが一生モノの経験になり、芯の太い人間になることができるとお聞きし、私も監督や先輩方の教えのもと4年間精進していくことを決意しました。
伊藤会長からは、主に当部の歴史や活動についてご説明いただき、OBOGの先輩方をご紹介いただきました。特に、これまでの貴重なお写真を投影しながらのお話はとても興味深く、このような歴史ある部活に所属したということに身の引き締まる思いでした。また、私たちの活動は先輩方をはじめとした多くの方々に支えられ成り立っていることを改めて深く感じました。私たちも、後輩にしっかりとバトンを渡していけるよう、これからの歴史を紡いでいきたいと思います。

最後になりますが、このような状況下にも関わらず、オンラインという形で新入生歓迎式を開催してくださったことに深く感謝申し上げます。まだ先輩方とは直接お会いしたことがなく、道場どころか大学にすら行くことができない状況ですが、オンラインであっても、そして今後道場でもしっかりと稽古に励んでいきたいと思います。私たち64期は、先輩方の背中を一生懸命追い精進してまいりますので、今後もご指導のほど何卒宜しくお願い致します。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年
吉野果林

2020年1月5日日曜日

2020年 寒稽古


失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の岡田です。
2020年1月4日、5日に蝮谷道場で行われました寒稽古についてご報告させていただきます。

初日は日本拳法部の主将の方と坂井主将のご挨拶、「若き血」の合唱で寒稽古が始まりました。日本拳法部の皆様には上げ蹴りなどの蹴りを指導していただきました。私共1年生が日本拳法部の皆様と交流させていただくのは初めての機会でしたので、とても貴重な経験となりました。

その後、塾高周りを周回する歩調を行い、寒空の下、全員が大声を張りあげて走りました。最初は寒くて仕様がなかったのですが、声を出して走っているうちにぽかぽかと温かくなってまいりました。

道場に戻ると、2日間をかけてつくる3構成の演武のペアをあみだくじで決め、演武練習を行いました。私は3年生の友田先輩と組ませていただきました。緑帯の私には見たこともない技をかけて頂いたり、やったことのない技をかけさせて頂いたり、と普段出来ることのない新鮮な経験をさせていただきました。

2日目には稽古終了後に麻田先生に作っていただいたお汁粉をいただき、4年生の先輩には鍋を作っていただきました。とても温かくおいしかったです。お忙しい中来て下さった麻田先生と4年生の先輩方に御礼申し上げます。また、本年もご指導宜しくお願い申し上げます。

以上で寒稽古の報告を終わります。
失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 岡田希美

2019年12月15日日曜日

第25回杉本合同記念練習会

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の高鹿綾華です。

12月15日(日)に法政大学冨士見坂キャンパスで行われました、杉本記念合同練習会についてご報告させていただきます。

我が部では、当練習会に向け早慶戦の後も立合評価法の練習に特に力を注いでおりました。練習会に参加する黒帯男子だけでなく部員全員が全力で取り組みました。私は突き蹴りの基本や体の捌き方、弱点の克服法まで丁寧に教えて頂きました。来年の早慶戦では慶應の戦力になるため精進しようと強く思った日々でございました。

練習日当日、練習に参加しない私たちは先輩方の動画撮影および練習の様子の記録を担当させて頂きました。先輩方の突き蹴りのスピード、攻撃の引きや体捌きなどは他大学と比べてみましても光るものがありました。特に法政大学との練習は両校ともレベルの高いものとなりました。部員一同熱い声援を送り、その日一番の盛り上がりを見せました。練習会に参加した部員もサポート側であった部員も充実した一日でありました。今後慶應の立合評価法において重要な一日であったことは間違いございません。

最後になりますが、練習会を主催してくださいました法政大学の皆さま、当日までの練習をご指導くださいました先輩方やOB,OGの方々、当日応援に駆けつけてくださいました4年生の先輩方に感謝申し上げます。

以上で活動報告を終えさせて頂きます。
失礼致しました。

慶応義塾體育會少林寺拳法部1年 高鹿綾華

2019年12月5日木曜日

第54回 少林寺拳法早慶定期戦

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部3年の坂井康太郎です。
12月1日に慶應義塾大学日吉キャンパスの塾高地下体育館にて開催されました第54回早慶戦の結果をご報告させていただきます。


結果は以下の通りです。


【新人戦】
[先鋒]  諸江(法政2)   2-0  笠井
[次鋒]  岡田(法政 1)  0-3  籾
[中堅]  西山(文1)       1-2  下村
[副将]  千田(薬2)       3-0  小林
[大将]  多田(商2)       3-1  芝田


慶應義塾、3勝2敗、慶應義塾大学の勝利



【本戦】
[先 鋒]  金(法法2)      1-1  鬼頭
[次 鋒]  友田(経3)      1-0   渋谷
[中 堅]  佐藤ひ(商3)  0-0   山口
[副 将]  入江(経3)      1-1   大橋
[大 将]  坂井(文3)      1-2  岩田
[代表戦]  入江              0ー1  大橋


慶應義塾、1勝1敗3引き分け、代表戦の結果、早稲田大学の勝利。



・新人戦の部について
本年度の新人戦の相手である早稲田大学は、全日本学生大会にて優勝した選手など、経験豊富な実力派を擁する強敵でした。
正直を申し上げますと劣勢になると予想しておりました。しかし、全員が奮闘してくれ予想を遥かに上回る試合をしてくれました。その結果、新人戦の部では優勝を果たしました。
 
以下、新人戦を振り返ります。


先鋒の諸江は体格差がある相手に対して、最後まで気持ちで相手を制し圧勝しました。次鋒の岡田は全日本優勝者相手に惜敗してしまいましたが、果敢に挑み気持ちで全く負けていませんでした。中堅の西山は上級生相手に、勇敢に攻め続け皆に勇気を与えてくれました。副将の千田は冷静に、されど心は熱く闘い圧勝しました。五分五分で回って来た大将戦。プレッシャーがありながらも大将を努めた多田は、私の中で勝つイメージしかありませんでした。私の考えていた通り、前半で勝ち越されながらも、後半見事に逆転して三点も返し新人戦を優勝に導いてくれました。彼こそ慶應義塾のヒーローです。



・本戦の部について
本年度の本戦である早稲田大学は、新人戦同様、全日本2位と3位を擁する強敵でした。

以下本戦を振り返ります。


先鋒の2年金は、慶應義塾を勢い付けてくれました。今年度の関東学生新人大会で準優勝し、実力も充分で期待がかかる中素晴らしい試合をしてくれました。相手に先制をされるも試合終了間際に1点取返し引き分けに慶應義塾ムードを作ってくれました。


次鋒の3年友田は、唯一の勝利を収めてくれました。冷静な試合運びで確実に1点を取り常時、主導権を握っていました。同期ながら感服させられました。

中堅の3年佐藤は唯一の女子戦です。相手は全日本3位で一年生の頃から、多くの対外試合で活躍している選手です。相手からすれば、確実に勝てると踏んでいたでしょう。しかし佐藤は絶妙に相手の攻撃を交わし続け、ついに引き分けにしました。彼女の戦略勝ちです。


副将の3年入江は、3年連続で同じ相手と闘いました。全日本準優勝者でしたが、実力では入江も引けを取りません。2年連続で引き分けてきた相手に対して強い気持ちで闘ってくれました。先制されるも、最後に気持ちで1点をもぎ取り3年連続で引き分けました。


こうして負け無しで回ってきた大将戦。引き分け以上で慶應義塾の優勝が決まります。
しかしながら、私は逃げて引き分けという形で優勝することを一切考えておりませんでした。相手と真っ向勝負をし、勝利して優勝するぞという強い気持ちしかありませんでした。

敗北した今、チームを率いる主将としてこの考えが適切な判断であったかはわかりません。2点を先制され、1点を返しましたが試合には負けてしまいました。

代表戦の出場者はチームのエースである入江と話し合い、私が彼にチームの命運を託しました。我が部では彼の技量が一番であり、彼が勝負をしてどのような結果でも誰も文句は言わないという結論になりました。結果としては早稲田に1-0で敗北を喫しました。しかしながら、彼は最後までよく健闘してくれました。


チームとして本戦で敗北してしまい、応援して下さった方々に優勝という形で恩返しをすることができなかったこと、大変残念で同時に申し訳なくてたまりません。


しかし今回の早慶戦に向けてチーム一丸となった経験は、今後一年に渡り部を部員全員で運営していく上で素晴らしいスタートダッシュになったと、自信を持って私は言えます。試合に出場した者もしなかった者も、全員が協力して最高の早慶戦にしてくれました。私は部員全員を心から誇りに思っています。


最後になりましたが、お忙しい中審判を務めてくださいました明治学院大学橘先輩、上智大学金子先輩、法政大学清水先輩、日頃よりご指導頂いている麻田監督、当日お越し下さった大石部長、岡田先輩や伊藤先輩を始めとする三田会の諸先輩方、そして早稲田大学少林寺拳法部関係者の皆様、全ての皆様に心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。


以上で報告を終わります。
失礼しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部3年
主将   坂井康太郎

2019年11月14日木曜日

2019年度 幹部交代式

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部3年の坂井康太郎です。
11月12日に行われました2019年度幹部交代式についてご報告させて頂きます。

本年度の幹部交代式は昨年と同様「ひのや」にて行われました。
早速ですが、第61期幹部のご紹介をさせて頂きます。

【主将・会計】               坂井康太郎(文3)
【主務・医務】               佐藤ひかり(商3)
【副将・三田会幹事】    友田陽太(経3)
【統制・渉外】               入江誠志郎(経3)
【会計監査】                   多田光伯(商2)
【副務】                          東修司(法政2)

以上の新体制で、1年間部を率いて参ります。
何卒宜しくお願い致します。

式においては例年同様、副務の東修司から新幹部が1人ずつご挨拶させて頂きました。
私たちの代は役職を担う3年生が4名しかおりません。その為に、2年生の東や多田とも協力しながら一年間部を運営していきます。
幹部として役職の掛け持ちも多いながら、各々が自らの役割を認識しており立派な挨拶でありました。私は皆の挨拶を聴いていて、非常に頼り甲斐があると感じ主将として心強い気持ちになりました。

私は主将として最後に挨拶をさせて頂きました。幹部交代式当日もお話させて頂きましたが、改めてここに私の思いを綴りたく存じます。私は一人で部を引っ張って行く、いわゆる「背中で見せる」タイプのリーダーではございません。三年生の幹部は4名ですが一人一人が優れたリーダーシップを持っております。私の主将としての力量は、その4名の長所をいかに引き出せるかだと思っております。また私たち4名が部を引っ張っていくことはもちろんですが、一年生と二年生も今年は非常に頼り甲斐のあるメンバーが揃っております。私一人がワンマンで部を引っ張っていくというよりも、部員一同力を合わせて最高の部にして行く所存です。

最後になりますが、心に響く素敵なお言葉を頂きました大石部長を始め、幹部交代式にご出席頂きました麻田監督、OBOGの諸先輩方に深く御礼申し上げます。
今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い致します。

以上、幹部交代式についてご報告させて頂きました。
失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部3年 坂井 康太郎

2019年11月11日月曜日

2019年度 全日本学生大会

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の山内嶺央です。

11月4日に千葉ポートアリーナで行われました第53回全日本学生大会についてご報告させて頂きます。
結果は以下の通りです。(敬称略)

【演武】

男子白緑の部【2位】 木村(法1)・西山(文1)
男子茶帯の部【5位】 東(法2)・諸江(法2)

【立合評価法】

男子中量級【3位】 佐藤(商4)

以上になります。

4年生にとっては最後の、私達1年生にとっては初めての全日本学生大会でありました。
そして3年生の先輩に主座が移って最初の大会ということもあり、新シーズンの幕開けとして重要な大会という意識を持って臨みました。その中で多くの拳士が入賞出来たことを嬉しく思います。
私自身と致しましては、大尊敬する三学年上の井上先輩(商4)との練習の成果を出せた喜びを感じつつも、賞を獲れなかったことに対する申し訳なさ、悔しさを感じる大会になりました。部員全員が今後の活動へのモチベーションを得られた大会であったと思います。部のスローガンである「強い慶應」にしていくべく、今後も精進いたします。

最後になりますが、日頃よりご指導頂いております麻田監督・先輩方、また当日会場まで応援に駆けつけて下さった方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年 山内嶺央

2019年9月17日火曜日

2019年度 関東新人大会

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部一年の高澤理沙です。
9月15日に千葉県蘇我市のJFE体育館にて行われました、第17回関東新人大会について御報告させて頂きます。
結果は以下の通りです。

演武
【男子白緑帯】
第3位 木村(法法1)・西山(文1)
【女子白緑帯】
第3位 岡田(法政1)・高鹿(文1)
【男子茶帯】
第3位 諸江先輩(法政2)・東先輩(法政2)

運用法
【級拳士の部】
第2位 金先輩(法法3)
第3位 多田先輩(商2)

以上になります。

本大会は、我々一年生にとっては初めての本格的な大会でした。私達の本当に初めての大会は7月に神奈川文化体育館にて行われた神奈川県大会でしたが、今大会のテーマが「初陣」であったように、新人大会が一年生の初公式戦という他大学も多々あったようです。何の因縁か、神奈川県大会の際の活動報告を担当させて頂いたのも私でした。部のホームページにおいて、2回続けて大会の報告を不肖私の言葉でさせて頂けることに感謝致します。
本大会へ向けた練習が本格的に始動したのは、8月に入ってからでした。県大会当日に今大会のペア発表があり、7月はオフ期間であったこともあり構成決めで過ぎていきました。8月に入り夏休みの正規練習が始まりましたが、迫り来る夏合宿への不安と酷暑のせいで演武練にはあまり集中出来ていなかったように思います。しかし、夏合宿までに6構成一通り通せるようにという指示があったため、死に物狂いで暫定の構成を叩き込みました。そのような状況であったためこの段階におけるクオリティは言わずもがなであり、夏合宿期間の通しや先輩より頂いたアドバイスをもとに、本格的に新人大会に向けて詰めていったのは9月に入ってからでした。
県大会の時は入部して間もなく、構成を覚えるのに必死で、約一か月の練習期間のうちの殆どを「6構成通せるようにすること」に費やしました。しかし今回は、夏合宿までに全構成を通せるようになっていたこともあり、9月に入ってからの丸二週間を完成度を上げることに費やすことが出来ました。夏休みで授業もなく、部活のある日はほぼ一日がかりで練習に時間を割いていました。そのような中で、悩みどころだったのが「何を、どう直すか」でした。十分な自主練時間が取れる中、先輩から頂いたフィードバックをもとに「何を直すべきか」という課題は明確でしたが、自分たちの実力を鑑みて「どう直すか」には個人個人の意識と工夫が必要でした。自分の中で気を付けるポイントを決め、一本通しに臨むのに動画を見返すと全然改善されていないことも多々あり、迷走する日々でした。特に悩まされたのが、柔法の諸説の多さでした。送り小手に至っては5パターン程教わり、結局自分達の最終方針が定まったのは大会3日前でした。大会が近づくにつれて現状で直せる箇所も減っていき、「何を取り、何を捨てるか」という選択にも悩まされました。私達が最終的に絞った三つのポイントは、「当身、残身、蹴りの引き」でした。
大会当日は天候にも恵まれ、朝は暑いくらいでした。蘇我駅に8時半前に集合し、先輩を待っていると様々な大学が通り過ぎます。新入生合宿や合同練で知り合った拳士と軽い挨拶を交わしながら、「ついに本番が来てしまったのだな」と実感しました。会場に到着し、拳士整列が終わるとすぐに予選1ラウンドが始まりました。私の出場した女子白緑帯の部では、1コート約13組でした。他の組の演武を見ていて、それぞれの個性の強さに驚きました。構えから気合、残身まで自分たちが慶應で見てきたものとは全く異なり、新鮮で面白かったです。大会までの練習で、自分たちが「これが正しいはずだ」と思って積み重ねてきたものとは恐らく全く別の方法で練習をしてきた人達と同じコートで、そして同じ評価基準で採点されるのは面白かったです。
予選1ラウンドから順々に結果が掲載され、無事に本選に進んだことを確認して開会式に臨みました。開会式終了後、本選Aから順に開始しました。本選では予選を勝ち抜いた12組で行われ、全体的なレベルも空気感も予選とは違うものでした。同じコートで演武をしているのは皆大学始めの一年生で、与えられていた時間は皆同じでした。4月5月の時点でゼロからスタートし、それぞれが与えられた環境で努力してきた結果が今回の演武であったと思います。そのような中で、早稲田や明治といった強豪校が揃う中見事メダルを獲得してくれた同期を誇りに思います。
私のペアとしましては、今大会の目標を6位入賞と掲げていたのですが、惜しくも入賞を逃してしまいました。予選は全体の5位通過で、決して無謀な状況ではなかったはずです。予選終了後、撮影して頂いた動画を見て「スピードが昨日より全然遅い」とペアで話し合った結果、「本選ではもっとテンポを上げよう」という結論になりました。しかし、いざ本選ではテンポを上げようと焦った結果、攻撃を外したり柔法で固めが決まらなかったりと相当雑な演武になってしまいました。全体的に流れてしまった割に合計タイムはギリギリで、点数も予選より下がり、結果として全体の順位も下がってしまいました。
予選での反省点を本選に向けて修正しようとする姿勢自体は間違っていたとは思いません。今回の致命的ミスは、「何が評価されているのか」を見誤ったことです。今大会の他校の演武とそれに対する評価を見ていて、女子白緑帯で重要視されているのは「正確さ、丁寧さ」であったと感じました。しかし本選に向けてスピード向上を優先し、丁寧さを疎かにした結果技術点も下がってしまいました。練習の時点で、もっと速さと正確さのバランスの採れるスピードを模索しておくべきでした。大会終了後、温かいお言葉をかけて下さった先輩方には心より感謝申し上げます。

私の本年度の目標は、「目の前のことから逃げないこと」です。5月の早慶合同練の際、「甚だ僭越ながら」のくだりでそう宣言しました。今大会の結果もきちんと受け止め、その反省を自分のものにして全日に向けて頑張っていく所存です。今後ともよろしくお願い致します。

最後になりますが、日頃からご指導頂いております麻田先生を始め諸先輩方、当日朝早くから応援に駆けつけ、補佐やビデオ撮影等サポートして下さった先輩方に心より感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年 高澤理沙