2018年2月25日日曜日

2017年度 春合宿

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の佐藤ひかりです。

220日から23日にかけて少林寺拳法発祥の地である香川県多度津町にて行われました春季大学連盟本部合宿についてご報告させていただきます。

この合宿では全国各地から集まった他大学の拳士と共に、朝は鎮魂行に始まり日中に学科学習や技術練習を行った後、夕方の作務で1日を終えます。

技術練習では本部の先生方の丁寧な説明を伺うことができ、大変参考になりました。一例を挙げますならば、私は今まで柔法の固めは相手が『痛い』と感じる事を意識しておりましたが、あくまでも相手が『逃げられない』形を作ることが大前提にあるのだと認識しました。1つの技について1時間では足りないと感じたのはこの春合宿が初めての経験であり、少林寺拳法の奥深さに触れた気が致します。多くの先生方から、基本の構えに対する考え方を初め、演武構成の疑問について等沢山の意見を頂きました。そして、授業企画では部活動の運営に対するお話を伺い、自分が今後どの様に部活に向き合うかについて考えされられた時間でありました。

また、他大学の拳士との交流を通して各大学の練習方法や雰囲気を知る良い機会となりました。同じ少林寺拳法をしているだけで、初対面の方々とこんなにも気兼ねなく話すことの出来る関係になるものか、と感じました。大会等で再びお会い出来る事を楽しみにしております。

この春合宿を通しまして、普段の練習では少林寺拳法で唱えられている『心身一如』の『身』の部分に重きを置くあまり『心』について考えて来なかった事を省みる事が出来ました。技の種類や科目の順番全てに意味があり、その習得は心身両方での理解が不可欠なのだと再確認しました。この春合宿で得たことを活かし、これからも日々の修練に励む所存です。

以上で報告を終わらせていただきます。
失礼しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部1 佐藤ひかり

2018年1月11日木曜日

2018年 寒稽古

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の坂井です。
2018年1月4日から6日まで行われました寒稽古についてご報告させていただきます。

寒稽古は朝7時からという早朝に始まるため、家を出るときはまだ日が昇っておらず、この三日間は真っ暗でとても寒い道を通りながら道場に向かいました。

初日は日本拳法部とともに應援指導部の激励をいただいて始まりました。我が少林寺拳法部も含めて三部合同で「若き血」を熱唱致しました。そのため大合唱が終わった後は、身体は冷えていても心が温かくなりました。
慶應義塾福利厚生団体應援指導部の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。

3日間を通して、基本練などのいつもの練習の他、先輩との演舞練習や歩調を行いました。
演舞練は最終日に三構成通しをするために行いました。くじでペアを決め、私は三年生の宮崎先輩と組ませて頂きました。黒帯の先輩と演舞を直接組むことは初めての経験でしたので、とても勉強になりました。自分の級より上の技を教えて頂き演舞で使用したので、最終日に演舞が終わった後は大きな達成感がありました。

最終日は稽古終了後に、麻田先生によるお汁粉と四年生の先輩方による豚汁をいただきました。部員一同とても美味しく頂きました。
お忙しい中準備してくださった麻田先生と先輩方にこの場をお借りして御礼申し上げます。
本年もご指導の程宜しくお願いいたします。

以上で寒稽古の報告を終わります。
失礼しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 坂井康太郎

2017年12月22日金曜日

第52回少林寺拳法早慶定期戦

失礼いたします。
應義塾體育會少林寺拳法部3年の蜂屋啓介です。

1217日に慶應義塾大学蝮谷体育館にて開催されました、第52回少林寺拳法早慶定期戦についてご報告いたします。
結果は以下の通りです。

【新人戦の部】
     慶應義塾       早稲田
先鋒    (1)   00   岩田
次鋒   友田(1)   10   伊藤
中堅   楠田(1)   21   山口
副将   坂井(1)   12   渋谷
大将   入江(1)   22   大橋

慶應義塾212分。よって慶應義塾大学の勝利。

【本戦の部】
      慶應義塾        早稲田
先鋒   佐藤太紀(2)  11  鈴木隼
次鋒    西村(3)   01   安部
中堅    岡本(3)   11   田中
副将    宮﨑(3)   10   常盤
大将    蜂屋(3)   00   尾形

慶應義塾113分。規定により両校代表者による代表戦およびサドンデス。

代表戦    蜂屋     00   尾形
サドンデス  蜂屋     10   尾形

よって本年度優勝は慶應義塾大学。


以上でございます。

・新人戦の部について
毎年苦戦を強いられている新人戦において、とうとう勝利を収めることができました。
早稲田は5人全員が有段者なのに対して慶應は有段者1名と、キャリアに差はありましたが、全員が気持ちを強く持って素晴らしい戦いを見せてくれました。
新人戦における勝利という結果、またそれ以上に必死に戦う5の姿からは本当に力をもらいました。
個人として勝利をあげられず、悔しい思いをした者もいるかもしれませんが、慶應の看板を背負い、補欠の佐藤を含めた同期全員で掴み取った勝利は、彼らの結束をさらに強いものにしたでしょう。
この経験から得られた全てを糧に、来年以降も思う存分活躍してほしいと思います。


・本戦の部について
昨年の早慶戦において惜しくも敗北を喫した悔しさを忘れず、なんとしても今年こそはという気持ちで取り組んできた1年間でした。その思いを現実にすることができ、非常に嬉しく思います。

以下本戦を振り返ってまいります。
先鋒の佐藤は5人のうち唯一の2年生でした。見事な上段突で先制し、試合を有利に運びましたが、何が起こるかわからないのが早慶戦です。試合終了4秒前に返されてしまい、引き分けとなりました。悔しい思いをしたようですが、終了後には来年に向けた前向きな言葉を聞くこともできました。悔しさをバネにぜひ頑張ってもらいたいと思います。
次鋒の西村は早稲田の本戦メンバーで唯一茶帯の2年生安部拳士との対戦でした。緊迫した試合の末惜しくも敗れてしまいましたが、最後まで諦めない西村の姿勢には勇気をもらいました。
中堅は例年通り女子戦です。対戦相手の田中拳士は学生大会での入賞経験があり、身長差もある厳しい相手でしたが、岡本は相手をよく見て、落ち着いて試合を進めていました。身長差をカバーするため練習してきた中段突を練習通り決め先制しますが、惜しくも引き分けに終わりました。
負ければ慶應の敗北が決まってしまう副将戦。プレッシャーのかかる試合でしたが宮﨑は期待に応えてくれました。試合を振り出しに戻して繋いでくれた宮﨑には本当に感謝しています。

こうして大将戦は例年同様の大接戦で迎えることとなりました。
自分の試合で勝負が決まるという人生最大の重圧でしたが、隣にきて声をかけて下さった先輩方、慶應サイドから聞こえてくるたくさんの応援のおかげで、不思議と心は落ち着いていました。
勝つイメージだけを持ってコートに入り、試合が始まりました。しかしいざ始まると相手の尾形拳士には本当に隙がなく、そのプレッシャーになかなか攻撃を出すことができませんでした。結局大将戦、その後の代表戦でも決着はつかず、勝負は1点先取のサドンデスとなりました。
終盤なんとか1点を取り勝つことができましたが、両者同時に攻撃を出していました。本当にどちらが勝っていてもおかしくない、薄氷の勝利でした。


早慶戦を経て、様々なことを学び、様々なことを感じていますが、その中でも最も大きく、また最初に湧き上がってきたのは感謝の気持ちです。
まず引退された後も道場に足を運び、ご指導いただいた1つ上の58期の先輩方、特に個人的には、高身長の尾形拳士と対戦する私のために、現役部員と同じペースで練習にお越し頂いた栗原先輩には本当にお世話になりました。
また当日は会場設営や試合の進行などで忙しい中、声を出し続けてくれた出場メンバー以外の部員、試合直前に声をかけて励ましてくださった先輩方、そして会場までお越し頂き応援して下さったたくさんの方々から、どれだけの力をもらったか語り尽くせません。
出場したのはたった10人ですが、慶應の勝利を信じて応援して下さったすべての方と一緒に戦い掴んだ勝利だと思います。関わって下さったすべての皆様、本当にありがとうございました。

やはり早慶戦は特別なものです。
互いが総力を出し合い、気迫と気迫で戦うあの雰囲気には、他では味わえないものがあります。そうして本気でぶつかり合い、互いを高め合えることがどれだけ幸せなことか、終わった今強く感じています。
こうした幸せを感じられるのは、早稲田と慶應という最高のライバルの存在があるからです。だからこそ、早稲田大学の皆様、そして対戦した尾形拳士に最大の感謝と敬意を表したいと思います。本当にありがとうございました。
また来年以降も早慶戦が素晴らしいものであるためには、慶應は早稲田の最高のライバルでなくてはなりません。先輩方がそうしてくれたように、我々も今までに得たすべてを後輩たちへ繋いでいきたいと思います。

慶應に、そしてこの部に入って本当に良かったと改めて感じた1日でした。


最後になりましたが、お忙しい中審判を務めて下さいました明治学院大学橘先輩、上智大学金子先輩、法政大学清水先輩、日頃よりご指導頂いている麻田監督、当日お越し下さった大石部長、岡田先輩をはじめとする三田会の諸先輩方、應援指導部の皆様、そして早稲田大学少林寺拳法部関係者の皆様、すべての皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

以上で報告を終わります。
失礼いたしました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部3年 主将 蜂屋啓介

2017年11月27日月曜日

2017年度 全日本学生大会

失礼します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部一年の楠田マリアです。

11月26日に行われた、全日本学生大会についてご報告させていただきます。
結果は以下のようになっております。
女子白帯緑帯の部
楠田(1)・佐藤ひ(1)
4

単独有段の部
友田(1)
3

男子二段の部
川上先輩(2)・田崎先輩(2)
5

団体の部
金野先輩(4)・田中先輩(4)・中村先輩(4)・李先輩(法法4)・西村先輩(3)・蜂屋先輩(法法3)・五十嵐先輩(2)・田崎先輩(2)
3

立合評価法
男子軽量級   金野先輩(4)   1
男子中量級   李先輩(法法4)   2

以上です。

全日本学生大会は、四年生の先輩方が引退される節目の大会でもありました。そのため、部の練習は一段と気合いが入って行われました。
寂しさや不安、期待を胸に各々が目標をもって臨んだ大会当日となりました。
早朝の武道館に、全国から拳士が集まりました。全国ということだけあり参加人数も多かったです。道衣の肩に、各区のシールを貼るところに、全国大会の特別感を実感しました。
武道館の床は人に埋め尽くされていました。アップをするスペースを確保するのも一苦労でした。アップを終えたところで、鎮魂業が行われました。
そして、予選ラウンドが始まりました。先輩方に指導していただいたことや、練習してきたものを、出しきることだけを考えてコートに入っていきました。思い通りの動きができなかった点もありましたが、結果を受け止め、午後に備えました。幸いなことに、部員の多くが、本戦へのきっぷを手にすることができました。あとは、本戦ですべてを出し切るのみです。
午後は、閉会式から始まりました。開会式では、慶應義塾大学のOBでいらっしゃる石原伸晃先輩をはじめとする、方々からお話を伺いました。
本戦は緊張感の漂う中、はじまっていきました。その緊張感を打ち消すかのように、"慶應ファィト"の声が武道館の中で響きます。
部員全員が、慶應のメンバーとして精一杯戦いました。笑っても泣いても、最後の大会。引退される四年生の先輩方の心中を想像するだけで、目頭が熱くなりました。本戦を終えると、結果を待つのみです。
ですが、これで終わりではありません。
1日の最後には、立会い評価法が行われます。慶應義塾大学からは、3名の拳士が出場しました。
立会い評価法は、各大学の戦い方に特徴がありました。慶應の先輩方の動きの素早さには、圧倒されました。今後の練習で、少しでも先輩方に近づけるように頑張っていきたいと改めて思いました。
 長い1日も、残すは閉会式のみとなりました。いよいよ結果発表です。
先輩方もおっしゃっていましたが、結果は、変わることはありません。私達にできるのは、素直にそれを受け止めて前進するのみです。納得がいかない、悔しい思いの反面、終わった安心感と達成感。これらが、入り混じった複雑な気持ちが心に残ったのではないかと思います。私自身も、今後の成長の糧となる非常に貴重な経験をする機会になりました。
また練習の過程そして、大会当日においても。改めて、引退される四年生の先輩方の偉大さが身にしみて感じられました。先輩方に、良い報告をするために、練習により一層努力して、励んで参りたいと思います。

最後になりましたが、この日まで、指導をしてくださった、現役の先輩方、OB.OGの先輩方、日頃よりご指導いただいております麻田監督に心より感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせていただきます。
失礼しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年 楠田マリア




   

2017年11月23日木曜日

2017年度 幹部交代式

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部3年の蜂屋啓介です。
119日に行われました2017年度幹部交代式についてご報告させて頂きます。

本年度の幹部交代式は2年前と同じ「ひのや」で行われました。1年生として新幹部を見上げていた当時を思い出し、より一層感慨深いものがございました。

早速ですが、第59代幹部のご紹介をさせて頂きます。

【主将】                     蜂屋啓介(法法3)
【主務】                     平光真子(商3)
【副将・渉外】            宮﨑康輔(文3)
【三田会幹事】            岡本真理子(経3)
【統制・会計】            西村涼(理3)
【医務・会計監査】      正田真暉(経3)
【副務】                     山口菜々子(法法2)

以上の新体制で、1年間部を率いて参ります。
何卒宜しくお願い致します。

式においては例年同様、新幹部が1人ずつご挨拶をさせて頂きました。
新幹部唯一の2年生である山口に始まり、それぞれが抱える幹部としての決意を語っていきました。
日頃はのほほんとした者が多い59期ですが、発せられる一言一言はみな信念溢れる堂々としたものであり、同期ながら非常に頼もしく感じました。

そんな中トリを任された私。ビシッときめてやろうと考えておりましたが、スピーチとなるとつい色々喋ってしまうのが私の悪癖です。目の前に並んでいく料理に早く手をつけたかったであろう現役部員には、この場を借りてお詫び申し上げます。
長々喋って席に戻ると、先生方、諸先輩方から「蜂屋らしいスピーチだった」とお褒めに預かりながらも「笑いがあればもっとよかった」「最後の一言がいらなかった」と様々なご指摘を頂きました。主将らしいスピーチへの道は長そうです。競技とともに1年間精進いたします。

そんな未熟な私ですが、夏合宿で新幹部が発表されてからというもの、幹部として、そして主将として求められるものは何かということを考えて参りました。
我々の代の主座運営方針は「全員で全員の目標達成」です。これには「全員が力を出し合って、各個人の目標を達成する」「部全体としての目標を、一丸となって達成する」という2つの意味を込めました。
このような個人を見ても、部全体として見ても強い組織を作るために、主将として最も大事なことは何か。私なりに考えた結果、それは「部員から信頼される存在であること」だと思います。部のトップとして立つことになる私が「こいつの言うことなら間違いない」と思われるような人間であることが、全員が全力で取り組む組織を作る上では欠かせないのではないかと思います。

ではそうした信頼は何によって裏付けられるのか、それは日々の行動の積み重ねに尽きると考えます。
日々の練習、また日常の些細なところで、慶應の少林寺拳法部の部員としての自覚と誇りを持った、妥協のない姿を見せ続けていくことが、主将としての信頼を築いていく。特に1学年下から見上げてきた田中前主将の姿を思い返し、そう思います。
主将という大役を任された以上は、諸先輩方が繋いできた我が部の伝統に傷をつけぬよう、今まで以上に自覚ある行動を心がけ、部員に信頼される存在になれるよう努力して参ります。

さてここまで私の思う主将像を述べて参りましたが、組織を纏めるということは決して1人では出来ません。
まだまだ未熟なところが多い新幹部ではございますが、1年後にさらに強い組織となった我が部を60期へと繋げるよう、59期一同全力を注いでいく所存です。
幹部交代して早々、全日本学生大会、そして早慶戦という2つの大舞台をむかえます。まずは目前に迫ったこれらにおいて満足のいく結果を出せるよう、我々が先頭に立って努力を重ねて参ります。

と、結局スピーチだけでなく、文字に起こしても長々と話をしてしまいました。
信頼の置かれ、話の簡潔な主将を目指して参ります。

最後になりましたが、幹部交代式にご出席頂きました大石部長、麻田監督、岡田先輩をはじめとするOBOGの諸先輩方に深く御礼申し上げます。
今後とも新幹部、そして少林寺拳法部を何卒よろしくお願い致します。

以上、幹部交代式についてご報告させて頂きました。
失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部3  蜂屋啓介

2017年9月21日木曜日

2017年度 関東学生新人大会

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部一年入江誠志郎です。

9月16日(土)に八王子エスフォルタアリーナにて行われました第15回関東学生新人大会についてご報告させていただきます。

今大会の結果は、以下の通りでございます。

[女子白緑]
楠田(経1)・佐藤ひ(商1)   3位

[白緑単独]
入江(経1)    2位

[単独茶帯]
青木先輩(文2)    2位

[男子茶帯]
井上先輩(商2)・石川先輩(商2)     5位

[男女茶帯]
飯島先輩(経2)・山口先輩(法2)    5位

様々な部門の演武が行われました八王子市エスフォルタアリーナでは、朝から各拳士の鬼気迫る気合が飛び交い、それぞれが、今まで積み重ねて来た修練の成果を遺憾なく発揮しようとする気概に満ち溢れていました。そうした中で、拳士全員が思い思いの演武を披露されていました。

今回の新人戦は私達一年生にとっては初めての、二年生の先輩方にとっては最後の新人戦でありました。先の神奈川県大会を終えてから、私達はこの日に向けて通常練習、夏期練習、そして合宿と多くの練習時間を費やし勝利・入賞を目指して来ました。

自分は今大会が初出場であり、体調も優れない中での演武でしたが、先輩方の、堂々としていて凜とした強さを感じさせる演武を見て勇気付けられ、今までの練習の成果を思う存分発揮することができました。

今大会を通じて各々が、今全体の中でどこに位置するのかを知ることが出来たのに加えて、新たな目標や改善点などが多く発見出来たことと思います。この貴重なフィードバックを胸に、オフ明けの練習に励んでいく所存でございます。

最後になりましたが、日頃よりご指導いただいております麻田監督、先輩方、また会場まで応援に来てくださったOB・OGの先輩方に感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年
入江誠志郎

2017年9月7日木曜日

2017年度 夏合宿 第5日目

失礼します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の友田陽太です。
夏合宿第5日目についてご報告させていただきます。

あれだけ長く感じた合宿も気づけば最終日、心身ともに疲労はピークに達しておりましたが、何をするときにも今日が最後だと考えることで常に高いモチベーションを維持して練習に取り組むことができました。

この日も朝のラントレから始まりました。5日目ともなれば慣れたものだと思い、アップがてらラントレをこなしてやろうという気持ちで取り組みましたが、やはり辛いものに変わりはありませんでした。ダッシュでは何度も足が痛く挫けそうになりましたが、その度にこれで終わるんだと自分に言い聞かせ、なんとか乗り切りました。

午前も連日同様アップから始まるのですが、この日は一風かわってじゃんけん列車を行いました。私はもしかして楽なメニューなのではないかと淡い期待を抱きましたが、そんな甘い話があるはずもありません。ルールは通常のものに加え、負けた列車の人全員がジャンプスクワットを行うというものでした。私は早々に負けてしまったために結局スクワットをたくさんする羽目になりましたが、それでもこの変わったルールのおかげで楽しみながらこなすことができました。
続いて基本・筋トレが行われました。どちらも普段だったら心が折れてしまうような数でしたが、千本蹴りを筆頭とした合宿4日間のメニューをこなして来れたという自信も少なからずあり、諦めず取り組むことができました。

午後はアップを行なった後、お別れ乱捕りを行いました。私は金野先輩に相手をしていただいたのですが、先輩の連打に終始圧倒されっぱなしでした。それでも何発かは入れてやろうと思い、必死になって突き蹴りを繰り出すのでした。お別れ乱捕りは文字通り意地と意地のぶつかり合いのような試合ばかりで、来年からは私もこのように気迫のこもった試合をしたいと思いました。
最後に4年生の先輩方の号令で基本を行い、夏合宿全日程を終えました。

夜には、OBの先輩方からいただいたお肉を使ってバーベキューを行いました。部員一同大変美味しくいただきました。他にもアクエリアスなどたくさんの差し入れをいただき、誠にありがとうございました。宿舎に戻ると各賞の受賞者及び新幹部の発表がありました。私は賞を獲得することができなかったため、来年こそはという気持ちにさせられました。また、まだ先のことではありますが2年後には我々1年生が幹部になるのかと思うと、これからはより一層頑張らなくてはと思いました。しかし、この辛い合宿を乗り越えたということが自信になったのも間違いありません。

最後になりますが、お忙しい中合宿にお越し下さったOBの皆様、差し入れを送ってくださったOBの皆様、そして我々のためにこの夏合宿を指揮してくださった4年生の先輩方、本当にありがとうございました。

以上で夏合宿第5日目の報告を終わります。
失礼しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年  友田陽太