2019年7月17日水曜日

2019年度 神奈川県大会

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部一年の高澤理沙です。
7月7日に横浜文化体育館にて行われました、神奈川県大会について御報告させて頂きます。
結果は以下の通りです。

【大学生男子の部】
森上先輩(総4)・田崎先輩(経4)…1位

【大学生女子の部】
山口先輩(法4)・千田先輩(薬2)…1位

【男子単独演武の部】
友田先輩(経3)…1位

【女子単独演武の部】
青木先輩(文4)…2位

【団体の部】
佐藤先輩(商4)・森上先輩(総4)・田崎先輩(経4)・五十嵐先輩(理4)・井上先輩(商4)・友田先輩(経3)…1位

以上になります。

神奈川県大会は学生のみならず、小学生から年配の方まで様々な年齢層の方が参加される大会でした。そのため全体の雰囲気も比較的和やかであり、私達一年生も比較的落ち着いて演武に臨み、無事に終えることが出来ました。
私としましては、初めての大会でかつ先輩と組ませて頂いていたため、かなり緊張しておりました。また、普段練習している道場と違い床が板であったことも慣れず、違和感がありました。自分の中では、「先動きしないこと」、「突き蹴りのあとはしっかり引くこと」、「気合は割増しで出すこと」の三つを本番では心がけようと決めていました。しかし、実際には演武の最中の記憶はあまり鮮明ではありません。ただ、気合だけは頑張って出したと記憶しております。
また、待機している時や演武の最中に応援席にいらっしゃる先輩方や同期の声が聞こえ、とても心強く思いました。5月に行われました関東大会には補佐として同行させて頂きましたが、その時はずっと”応援する側”でした。ビデオ撮影をしながら応援の方をさせて頂きましたが、その時はとりあえず大きな声を出すことに必死で、応援を”届ける”という意識があまりなかったように思います。今回初めて大会で”応援される側”にまわり、演武の最中でも応援の声は結構聞こえること、そしてその声がどれ程心強く嬉しいものなのかを学びました。これからは、相手に声が聞こえていることを前提に、より”相手に届ける”ことを心がけて応援をしようと思います。
私が出場した大学生女子の部は私を含めた同期の女子三人以外、全員茶帯以上でした。そのため周囲が圧倒的に自分より上手く、自分も今よりもっと上手くなりたいとモチベーションの向上に繋がりました。また、大学や道院によって気合や動きの違いが目立ち、傍で見ていてとても刺激的でした。
そして大会後、新人大会のペアが発表されました。現在は構成も定まり、次なる9月の新人大会に向けて着々と準備が進んでおります。一年一同、今回の大会で学んだことと反省を生かし、今度はより良い結果を残せるように日々精進してゆく所存です。

最後になりますが、日頃よりご指導頂いております麻田監督・先輩方、また当日会場まで応援に駆けつけて下さった方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年 高澤理沙

2019年6月30日日曜日

2019年度 新入生歓迎式

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部一年の木村隆一朗です。
620日に行われました新入生歓迎式についてご報告させていただきます。

新入生歓迎式には大石部長、麻田先生、岡田先輩、徳丸先輩、伊藤先輩、芳賀先輩と、多くの方がお忙しい中参加して下さいました。この場を借りて感謝し申し上げます。


式の流れと致しましては、大石部長の挨拶の後に、岡田先輩に挨拶と乾杯の音頭を取って頂いた後、先生、先輩方一人ひとりからお言葉を頂戴いたしました。その後、新入生の自己紹介を行い、最後入江先輩の指揮のもと、皆で若き血を歌い、式は終了となりました。

先生、先輩方から人生の中の選択についてのお話、道場建設や福沢先生にまつわる話、一人も辞めずに4年間同じ人数で卒業していった先輩方の話など様々な話を拝聴し、そこから学ぶことは大変多かったです。僕としましては、先輩方がおっしゃっていた人生の中にある様々な選択、そして同期についての話が印象深く残っております。大石部長がおっしゃっていたように僕にとってこの少林寺拳法部に4年間入るという選択はきっと結婚や職業の選択と同等に重要な選択なのだと思います。また、同期とは慶應義塾大学に入学し、この體育會少林寺拳法部に入部しなければ会えなかったでしょうから、この出会いや縁を大切にし、厳しい修練であってもめげずに励ましあいながら、同期全員でやり遂げていきたいと思います。その中で同期同士の仲を深め、4年間だけでなく、卒業後もこの仲間と出会えてよかった、この少林寺拳法部に所属して良かったと心からと思えるような4年間を過ごしていきたいと思います。

最後にはなりますが、今回の式を通じて伝統と誇りのある慶應義塾體育會少林寺拳法部に入部し、一員になったのだと改めて実感いたしました。多くのOBOGの方の支えがあったからこそ今のこの部があります。そのことを忘れず、先輩方から部の精神と伝統を受け継ぎ、日々の修練に取り組んでいきたいと思います。

まだまだ至らないところが多く、ご迷惑をお掛けしますが、63期九名を今後ともよろしくお願い致します。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部一年
木村隆一朗

2019年度 新入生合宿

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の西山航生です。
6月15・16日にかけて行われました新入生合宿についてご報告させて頂きます。

2日間にかけて国立オリンピック青少年記念総合センターにて行われました新入生合宿には、関東各校から大変多くの新入生が参加しました。基本的な技術はもちろんのこと、講和を通じて少林寺拳法そのものへの理解を深め、学校の枠を超えて多くの拳士と交流することができた大変有意義なものとなりました。

初日の午前中はOB・OGの方々の講和のお時間でした。「少林寺拳法とは如何なるものか」といった基本的なお話から、OB・OGの先輩方の4年間の学生生活について、少林寺拳法をやってよかったと思うことについて、就活についてなど様々なお話をしてくださいました。大学生活の4年間、少林寺拳法と向き合い、その後も多方面でご活躍されているOB・OGの先輩方のお話は非常に説得力があり、感心させられることばかりでした。
初日の午後はまず基本練習を行いました。OB・OGの先輩方にご指導していただきながら、大勢の新入生拳士が一斉に突き、蹴りを行う様子はなかなか壮観だったように思われます。改めて基本練習の大切さを感じることができた良い練習でした。
基本練習を行った後は、他大学の拳士と班を作り、団体演武を自分たちで考え、翌日の午後に発表できるようにするという課題が課されました。私の班では経験者の拳士が構成を考え、未経験者の拳士がそれに倣うという形をとりました。しかし、未経験者の拳士はただ受動的になるのではなく、分からないことは積極的に質問し、経験者の拳士は丁寧に教えてくれるといった活発で和気あいあいとしながら、班全体で真剣に練習に取り組むことができました。こうして初日の日程は終了しました。

2日目の午前中は技練習を行いました。練習で行った技自体は、普段の練習で既に先輩に教わったものでありましたが、OB・OGの先輩方にご指導頂く中で、実際に技をかけて頂いて自分が目指す理想の状態を身を持って体験することができました。また、他大学の拳士と組む中で「自分の大学ではこう教わっている」など新たなアプローチの仕方を学ぶことができました。
2日目の午後は初日に練習した団体演武の発表を行いました。どの班もたった1日しか練習時間はなかったのですが、気合が大きく、堂々とした団体演武を披露していました。私は初めて団体演武を行ったのですが、皆で話し合い、声を掛け合いながら1つの演武を作り上げるその楽しさに触れ、いつか団体演武で大会に出場したいと強く思いました。こうして2日間の新入生合宿が終了しました。

私はこの2日間の新入生合宿で、早慶防合同練習の時に出会った他大学の新入生拳士が上達しているのを目の当たりにし、非常に刺激を受けました。新入生合宿で学んだことを胸に、そして今回出会った仲間と切磋琢磨しながら日々の練習に取り組んで参ります。

最後にはなりますが、新入生合宿を運営してくださった学生連盟の委員の方々、ご指導して頂きましたOB・OGの先輩方、引率してくださった友田先輩をはじめ、新入生合宿に関わってくださった多くの方々に厚く御礼申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 西山航生

2019年5月28日火曜日

2019年度 早慶合同練習会

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部1年の岡田希美です。
5月26日に行われました早慶合同練習会について報告させて頂きます。

朝起きてしまったと同時に確認してしまった最高気温32度に愕然としておりました。

まず初めに4年生の先輩方からご指摘を頂き、拳立ての洗礼を浴びさせて頂きました。その際、とうとう噂で伺っていた早慶合同練が始まってしまったのだ、と実感致しました。次に塾高周りを走るインターバルランでは、前を走る先輩が角を曲がって再び走り出して行くのを見ては、また一周しなければならないことに絶望を感じておりました。続いてクロスカントリー男子3周女子2周が始まりました。坂の下と階段上で掛けてくださる冷水だけを頼りに走っておりました。早稲田の先輩が一周6分という常人離れしたペースで走って下さり、ペナルティを免れた喜びもつかの間、坂道ダッシュが始まりました。この頃から陸上部よりも走っていると確信し始めました。その後、演武構成ランという楽しそうな名前の短距離を6往復するメニューが始まりました。全然きつくないから頑張れという先輩のお言葉を一度は信じてしまった私はその愚かさをすぐに思い知らされました。ようやくラントレが終わり、道場に戻るとサイドジャンプ男子60往復女子40往復が宣告されました。ただ立っているだけなのに小刻みに震えている脚に鞭を打ち、遂に午前の練習が終了致しました。

昼休みには軽食を取りつつ、先輩に頂いたアイスのおいしさを噛みしめながら、各々仮眠やストレッチをして幸せのひと時を過ごしましたが、一時間程の昼休みはあっという間に過ぎ去り、午後の練習が始まりました。

午後の最初はサイドジャンプ80往復でした。跳びながらも「ファイト」と周りを鼓舞されている楠田先輩を拝見し、感動致しました。続く拳立てではぷるぷると揺れる腕と拳は限界を迎えておりましたが、それ以上に、全く終わる兆しが無いことで精神がどんどん追い込まれていきました。その後、その場基本の突きと蹴りの練習が始まりました。100回以上という、普段の練習であればきつく感じられる回数でしたが、ようやく少林寺の練習が出来たことに喜びすら感じられました。その後のハイジャンプとバービージャンプでは徐々に体が重力に逆らえなくなっていく体を引き上げていくうちに、終わりの笛が幻聴で聞こえてくるようになりました。その後のミットラッシュでは30秒ずつ(突き・右蹴・左蹴り)×3セットと、MAXの強さで行うものを6セット行いました。つらい中でも「ファイト」と笑顔で励まして下さった、ひかり先輩、入江先輩のお姿は輝いていらっしゃいました。続く筋トレではサイドプランク、腕をY/T/W/Lと動かし背筋を鍛える体幹を行いました。一見楽そうに見えますが、どんどん腕は震えていきます。体幹が終わるとこの日三度目の拳立てが始まりました。既に私は全く腕が曲がらず、ふらふらの状態でしたが、坂井先輩、友田先輩が私たち一年の近くで鼓舞してくださり、自分が全くできていないことに罪悪感と悔しさを感じながらも、絶対に自分も出来るようになろうと思いました。その後最後の最後にラグジャン(1,2,3で沈むスクワット)×290回が行われました。太ももは限界を迎えておりましたが、私たち1年生の間に先輩方が入って下さり、手を引っ張って持ち上げて下さいました。最後の一回が終わると同時に脚が床に吸い込まれるように固まり、とうとう練習会が終わってくれたのだと安堵し、目頭が熱くなりました。

その後は懇親会が行われ、美味しいお茶とご飯を頂きました。早慶共に一年生が用意した一発芸を披露致しました。私自身の一発芸は記憶から抹消させて頂きたいです。

今回の練習会で学んだのは自分の甘さ、そして先輩方の偉大さです。私自身、中高の部活では、辛いメニューに対して「ただやらされてるだけ」という受動的な態度で臨んでおりました。しかし、どんなに辛いメニューであろうと周りを応援しながら笑顔で取り組むことでこんなにも活気ある練習が出来るのかと実感致しました。

最後になりますが、いつもはお優しいにも関わらず心を鬼にしながらも、本当に辛い時には冷水と塩分チャージと励ましの言葉を下さった4年生の先輩方、ラン、ラグジャンや拳立てで何度も折れそうになる心を、笑顔も気合いも絶やさず支えて下さった3、2年生の先輩方、練習会に参加して下さった早稲田大学少林寺拳法部の皆様に心より感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部1年 岡田希美

2019年5月27日月曜日

2019年度 早慶防合同練習会

失礼いたします。慶応義塾體育會少林寺拳法部1年の遠藤彩華と申します。
5月25日に防衛大学校で行われた早慶防合同練習についてご報告いたします。

防衛大学校を始め、他の大学の少林寺拳法部の方々と交流することが出来たと同時に、技術面でも多くのことを学ばせていただき、非常に充実した一日となりました。

初めに、防衛大学校の方の号令に合わせて、注意点を確認しながら上受などを練習しました。次に、4つの班に分かれて大学内の見学・訓練の体験をさせて頂きました。私が参加した班では、防衛大学校ならではのユーモアのあるエピソードを教えていただきながら一通り見学致しました。

最後に段位別練習が行われました。一年生は、防衛大学校の4年生の先輩方や山口副監督にご指導いただき、運歩や受け身、龍王拳の練習をしました。私は特に受け身に苦戦し、今後取り組まなければならない課題であると実感いたしました。また、龍王拳の奥深さにも気づかせていただきました。普段の練習では、龍王拳の一連の流れを覚えるのに精いっぱいでした。しかし、鍵手をする際には手を自分の帯のあたりに引き寄せることや、中段に突く際にしっかり相手の正中線の正面に入ることなど、一つ一つの動作に関して丁寧に教えていただいたことで、少しずつではありますが技の細部にも意識を向けられるようになりました。今後もご指導いただいたことを実践しながら、技の完成度を高めていきたいと存じます。

練習後には、各大学が一発芸を披露したり、懇親会が開かれるなど他大学の方々と親睦を深めました。

最後になりますが、このような貴重な機会を設けてくださった方々に厚く御礼申し上げます。

以上で報告を終わらせていただきます。
失礼致しました。

慶応義塾體育會少林寺拳法部1年 遠藤彩華

2019年5月6日月曜日

第56回 関東学生大会

失礼致します。
慶應義塾體育會少林寺拳法部2年の諸江優です。

5月4日に行われました関東学生大会についてご報告させて頂きます。
結果は以下の通りです。

【演武】

男子段外の部【2位】 入江(経3)・坂井(文3)

男子段外の部【6位】 東(法政2)・諸江(法政2)

女子段外の部【6位】 楠田(経3)・佐藤(商3)

男子単独有段の部【4位】 友田(経3)

女子単独有段の部【5位】 千田(薬2)

【立合評価法】

男子中量級【2位】 佐藤(商4)

男子団体 【3位】 佐藤(商4)・田崎(経4)・友田(経3)

以上になります。

四年生にとっては最後の、私達二年生にとっては初めての関東学生大会でありました。
そしておよそ半年振りの大会ということもあり、今シーズンの幕開けとして重要な大会という意識を持って皆が臨みました。その中で多くの拳士が入賞出来たことを嬉しく思います。
私自身と致しましては、昨年の夏からペアを組んでいる東との練習の成果を出し切れた喜びを感じつつも、今後の課題が明確になりました。部員全員が今後の活動へのモチベーションを得られた大会であったと思います。

最後になりますが、日頃よりご指導頂いております麻田監督・先輩方、また当日会場まで応援に駆けつけて下さった方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼致しました。

慶應義塾體育會少林寺拳法部二年 諸江優

2019年3月24日日曜日

2018年度 椋本勝明先生練習会

失礼致します。慶應義塾體育會少林寺拳法部2年の入江です。
3/3(日)-3/4(月)に行われました、椋本勝明先生による立会評価法練習会について御報告させて頂きます。

始めに今回の練習会は慶應義塾體育會少林寺拳法三田会様からのご支援を受け賜わり、行わせて頂きました。常日頃からご支援、ご協力頂いております、OB・OGの先輩方に現役部員を代表し、この場を借りて深く御礼申し上げます。今後とも御支援のほど宜しくお願い申し上げます。誠に有り難う御座いました。

大阪での椋本先生の練習会は、午後の部(13:00-17:00)と夜間の部(18:00-21:00)の2部に分けて行われました。
まず午後の部では、運用法において、肩や腰よりも先に拳から攻撃することで、相手に悟られない突きを繰り出せるようになる為、手首をほぐし柔らかく使う練習を行いました。具体的には、手首の力を抜いて自身の胸の前で手をなるべく早くぐるぐる回し、徐々に拳を握っていくものです。
その次に、今度は手と足を連動させずそれぞれ自由に使えるようになるために、上記の練習をしたまま、前足を軸としてその場で体が円を描くように回る練習も行いました。このように、手と足を別々に動かすことで臨機応変に無理なく動ける体を作る術を学びました。

そうして午後の部はあっという間に終了し、小休憩1時間を挟んで夜間の部が始まりました。

夜間の部では、椋本先生をはじめ、修武館所属の日本拳法拳士の方々や、関西大学少林寺拳法部OBの川崎慎一郎さんと共にスパーリングを中心とした練習を行いました。特に日本拳法拳士の方々の間合いやステップは、自分達が普段相手にしている少林寺拳士達とは一線を画しており、有効打を決めるのにとても苦労致しました。またその中で、二枚胴の音が強くなれば点が入り易い関東の運用法とは異なり、関西の運用法では、体軸を立てた姿勢で突き蹴りを繰り出し、音が鳴るのは勿論、突き蹴りの引きまでをしっかりとしなければ点数が入らず、今まで私たちが行なって参りました運用法がいかに実戦向けではないものかを痛感致しました。

今回の練習会では、普段交流することのない日本拳法の拳士や少林寺拳法関西勢の方々とのスパーリングを通して、運用法においての突き方や蹴り方そのものから見直す良い機会となり、とても実りある練習会でした。今回学んだ技術や練習方法を生かし、本年度の早慶戦や杉本記念合同練習会、そして関東大会や全日本学生大会で結果を残せるよう精進していく所存で御座います。今後もご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

最後になりますが、お忙しい中去年に引き続きこのような練習会を開いて下さりました椋本先生、また日本拳法の方々や川崎慎一郎さん、日頃からご指導いただいております麻田監督をはじめ、OBOGの諸先輩方に感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

以上で活動報告を終わらせて頂きます。
失礼致しました。


慶應義塾體育會少林寺拳法部2年
入江誠志郎